2014年03月24日

3月23日電源不要の会

 ボードゲームとトレーディングカードゲームを嗜む既知によるゲーム会、略して電源不要の会…とか勝手に言ってみるw
 前日に、主催にゲームチョイスに関して重要な参加人数について問い合わせてみると「ボドゲメインは8〜9人でそのうち1人はトレカの方にも移動する」との事。
 となると…と、ボドゲ棚の前で色々と思案した後、持って行くゲームのテーマを「3人でも十分に楽しめる4、5人用ゲーム」とする。
 リストで言えば、交易王、キングオブトーキョー、カルカソンヌ、カタン、チケットトゥライド、パンデミック、メンバーズオンリーあたり。
 あとは見た目での掴みは十分なチーキーモンキー、こういう機会のために買ったブラッドバウンド、最近個人的に気になっているごいたなどを詰め込む。
 紛失防止の為、手荷物はひとつだけと決めているので残念ながらウレタン拳銃が邪魔して入りきらないキャッシュ&ガンズは諦めて、代わりにいくつかリスト外のゲームを追加。
 圧縮してある事もあって案外入るものだね。
 いつものように、3Dウボンゴ的に詰め込んだキャリーバックを抱えてえっちらおっちら移動。
game140324 (1).jpg
ゲーム置き場。

と言うわけで、遊ばれたゲームについて触れてみる。
『ぴっぐ10』
 身内会の定番、参加者全員でのオープニングゲーム。説明1分で対応人数8人までと幅広いのが魅力。もう1個買えば対応人数がさらに広がるかも知れないが、ゲームとしてのバランスはどうなるのかちょっと思案? 日本語版はカードの裏面も日本語なら混ぜてもわかるのだけど同じものだしなぁ。

game140324 (2).jpg
『ブラッドバウンド』
 メーカーでは人狼系と言っているものの、プレイした印象からすると人狼とはかなり違う。人狼を期待した人に肩透かしを食らわせかねないので、誘う時には人狼系ではなく違う言い方を考えないといけないかな。ルール裁定ミス失礼しました。
 人数は6人からとなっているものの、6人では少々本領を発揮しきれないし7人では誰がリーダーか異端査問官にはすぐわかってしまうので、できれば8人以上欲しい。素性を隠す紙があれば14名(査問官なし、使われないカード各2枚)のプレイもできるかな?
 ゲームとしては、誰が誰を攻撃したのか、攻撃しなかったのかは重要な手がかり。怪しい相手を刺すだけでなく武器を渡して反応を見るのも重要だなぁ、と。あと決め打ちブッパはかなり危険w
 ちなみに攻撃を示すナイフは厚紙とは言え尖っているので相手を示す場合も配慮は必要。キャッシュ&ガンズのウレタン拳銃で代用するのもありかな、と。
ハウスルール:武器を渡された相手に武器を渡し返すのは禁止

『赤ずきんは眠らない』
 ブラフ系は相手の事がわかっている人間同士だと読みあいがさらに深くなって、2択だけでも楽しみも増すのがよい。

game140324 (3).jpg
『チャオチャオ』
 進める出目1〜4のに対しつり橋は9マス。つまり自力だけで渡りきるには最低3回振らないといけないのに、×の目が2個あるのでその3回でも嘘をつかねばならない可能性が高い。そして、他人への告発が成功すればその人が宣言した出目を進めるルールがこの死屍累々を生み出すんだなぁ、と告発しまくって自分の探検家コマを奈落に落としまくった私(黄)がほざくのであった。
 しかし、ダイスを振る筒のプリントが簡単に薄くなってしまう耐久性は残念。

game140324 (4).jpg
『パンデミック』
 久々に登場。まずは入門ゲーム、手札オープン、研究員・科学者・通信司令員のガチチームで流れを説明。
 そして、標準ゲーム、手札クローズ、職業ランダムでプレイ。
 それぞれ衛生兵・研究員・通信司令員と言う悪くない役職を引き、多少の足踏みはあったもののに黒のワクチンを完成させ、さほど蔓延してなかったのもあり早々に根絶。
 その後は、全員が各地を転戦してアウトブレイクを阻止しつつ、青のワクチンが完成。
 しかし、後回しにした赤がエピデミックカードのせいでバンコク・東京・上海・北京・台北と次々アウトブレイク。赤の病原体コマが残り3個の状況にまで追い込まれる。
 そんな中、ギリギリで完成した赤の特効薬を手に衛生兵が駆け回りウィルスを駆逐していく。通信司令員の能力も使い、通り過ぎただけで人々が癒える様はキリストの再来を思わせた。
 最後は衛生兵が研究員から渡された黄色のウィルス情報を手に研究所へ駆け込みワクチン完成。残り山札3枚、あと1回アウトブレイクしていたら敗北のぎりぎりの状態ながら人類勝利。(※記憶違いで青と黄色のワクチンの順番は逆かも知れない)
 相変わらず、負けるときはあっさり、勝つときは劇的である。

『なつのたからもの』
 ノミのサーカスの日本版。ノミのサーカスは持っているけれど、発売する前から、そして発売してからも色々大変だったので応援する意味で購入したもの。
 ノミのサーカスよりもテーマがより理解しやすいし、カードの質もよいし持っていて損のないゲーム。
 できれば全種類のカードの絵柄を説明してからの方が良かったかな? ちょっと駆け足の説明で申し訳ない。
 ノミのサーカスだと10種類揃った場合「興行!」と宣言するだけど、このゲームでも10種類そろった時に何かそれっぽい宣言ないかなーと考えているものの特に思いつかない。
 「あがり」とか「たからものみーつけた」とか、まぁ適当にそろえたプレイヤーが考えるといいよ(投げやりw)

『ごいた』
 今回はトレカクラスタの方々とも比較的プレイする機会に恵まれたついでに、ルールは読んだがプレイせん事には感覚がわからないごいたに付き合っていただく。
 プレイしてみてわかったのは配牌が重要なのと、枚数が多いからって「し」と軽く見てはイカンという事でござった。

あとは、インストだけした『イモムシイモムシ』
セットアップだけおこなった『カタン』
ルールを覚えている方の主導で行われた『ペンギンパーティ』
残念ながらインストがあるので参加できなかった、主催の持ち込み「いつ出航するんですか、キャプテン」でお馴染みの『下水道の海賊ネズミ』
以上

今回も遊んでいただきありがとうございました。
ゲームを楽しもうという姿勢に助けられました。そして、パンデミック中はインストできずにすみませんでした。
またの機会にも、よろしくお願いいたします。
posted by RAYJACK at 16:12 | Comment(2) | ゲーム会
この記事へのコメント
ボドゲ会お疲れ様でした。次回は是非お邪魔させていただきたいのこころ。
Posted by 圭 at 2014年03月24日 17:25
はいな。ここの会場は2ヶ月に1度ペースで予約しておりますが、ボドゲはカラオケボックスだろうとできますから、機会があればまたご一緒しましょうー。
Posted by RAYJACK at 2014年03月24日 18:07
コメントを書く
お名前:

コメント: