2015年05月06日

ゲームマーケット春に参加

 アナログゲームの同人即売会であるゲームマーケットに参加してきました。秋は参加できなかったので、1年ぶりの参加といったところ(前回ゲムマ参加の記事は「こちら」)

 前回は特に欲しいものはなかったので、ゲームマーケットそのものの見物と挨拶をしにいったようなものだったけれど、今回はいくつか気になるゲームがあったので事前予約の上で参加。
 正直1、2作だけならショップ委託があれば店の手数料と送料加えても、移動費と入場料等でペイしてしまうしなぁ。

ともあれ、同人ボードゲームを選定する上でのマイルール
・1作で2000円を越えるゲームは除外。
・トランプで代用が効くようなゲームは除外。
・人狼亜種程度の正体隠匿系は除外。
・プレイ時間が1時間以上掛かるゲームは除外。
・特殊効果や手順がごちゃごちゃなゲームは除外。
・手持ちのゲームと比較して評価できる点がなければ除外。
さあ、その結果やいかに。

 始発組もいるようだが、中古ゲームには興味がないので10時の開場に合わせて現地に到着すればよかろうと移動。
 10分前に西2ホールに到着、その時点で主催者側が想定していた西2ホールのエスカレーター前の待機列は溢れており、扉から出て外のバスロータリー付近まで待機列が延びていた。
 ほどなくして10時になり、混乱もなくチケットを購入し入場。

 まずは、シンガリハットさんでちょっと興味があったでっかいスタートプレーヤーマーカーを確保する。
20150505.jpg
 ゲーム本体を買わずに別売りスタPマーカーだけ買うとかどーよと思わなくもないが、マイルールに抵触するためそこはスルー。
 スタPマーカーのロマンをしっかりとかみ締める。

 その並びにある『しったか映画評論家』も確保。興味はあったものの、既に予約が閉め切られていたので早いうちに入手しておく必要があった。
 ゲームの内容については後で個別に纏めるので今回は後回し。

 これだけでだいぶ満足したので、予約商品の受け取りにまわる。桜遊庵さんのところは予約受け取りは11時かららしく後回し。
 ロッカクだんごさんの『バトルク』、マーチヘアゲームズさんの『テン呼!』、数寄ゲームズさんの『姫騎士逃ゲテ〜』
 『テン呼!』と『姫騎士逃ゲテ〜』は試遊卓にて遊んでいる様子を見る。どんな雰囲気かがわかれば十分なので問題ない。
 『テン呼!』は気になっていた上がり直前部分の、運と言うかめくり合いがやっぱり問題あり、かも。

 逆に体験しないとわからんなーと思っていたのはBakaFire Partyさんの『フラムルルイエ』で、試遊する。ここは人気ゾーンなのですんなり入れた。
20150505 (1).jpg
 商品に対して一斉出しでビットして獲得していくゲーム。ただし、競り落とした時のカードの数字がそのまま失点に転化される。
 競りに出されるカードは裏面にどんな得点があるか書かれており、親だけそのカードの中身見て先に自分のカードを表にして出す『巨竜のはみがき』システム。
 競り落とせなかったカードは1失点になり、何かを競り落とす事で競り落とせなかったカードの失点を帳消しにできるルールなので、しゃがんでばかりではダメで何がしかを競り落とすように仕向けられている。
 とにかくマイナスが溜まりやすく、競りに出される商品に関する情報はかなり少ない。ワンチャンスに上手くぶっこめた人間がそのまま勝つ印象。
 全員がマイナスなら一番マイナスの人間が勝つが、全員が沈むのはそんなにないかも。
 ブラフを中心に色々な要素が入った短時間ゲームなので、そういうのが好きな人はどうぞ。私はテーマ含めて重苦しすぎて、楽しむって気分にならなかったのでパス。

 一通り見終わったら丁度良い時間なので桜遊庵さんにて『ひとひら』を受け取る。なぜか予約受け取りが10時に変更されていた。別にいいけど。

 その後は気になっていたモノをいくつか手に入れる。
 『萌札拡張 添え札』『じょだんじょ』『ハイテンション利休』
 当初は入手予定だった『パイレーツコード』は、急がなくてもいいかとスルー。
 ボトルインプのクローンは、ボトルインプ自体がそこまで欲しいかと言われれば別に…だったのでこれもスルー。
 同様にニューゲームズオーダーさんの『ヴァスシュテヒ』とゲームフィールドさんの『落水邸物語』も普段のトリックテイキングすら殆ど稼動していないのに、変態系トリックテイキングに出番があるかと言われれば、ノーだったのでパスする。

 体験卓があると書いてあった気がしたが『きょうあくなまもの』はどこでやっているのかわからず『アダマスの守り手』はすでに売り切れだった模様。ゲーム情報誌付き成敗プロモカードは入手することにした。

 本と言えば『ボードゲームって本当におもしろいの?』の中身をチラ見。ボードゲーマーが思う初心者向けと実際の乖離が激しいとの評価だったが、私は赤ポーンが初心者にオススメかと言われればNoの立場なので、さほど驚きはなかった。もっとじっくり見れば違うかも知れない。『賭けずに楽しむ本』は会場限定手本引き札をアピールしていた。間に合ってます。
 グッズコーナーでは「時計回り」「反時計回り」缶バッチがあったので入手。『すしドラ』などドラフトがどっち周りなのかがわかりやすくなるかも。
 あと「手番です」缶バッチがあったけれど「スタートプレイヤー」缶バッチなら欲しかったかな? まぁ、もうでっかいスタPマーカーは手に入れたからいいけれど。

 あとはあまり深く考えずに『バンケット』と『神九』をなんとなく入手。しかし、稼働率は低そう。
 バンケットに関してルールの疑問点は解消。総じてカードが誤解のないように書こうとしているのはわかるのだが、直感的ではない。あと全部のカードに特殊能力があるのだが、これがゲームにどれほどの効果をもたらすのか不明。個人的には危険な気配がする。2人用専用ゲームは感想が少なすぎる。
 神九はゲーム開始前にカード公開やら手札交換、そして1枚破棄と、ごちゃごちゃとカードのやり取りするのにどれくらいの意味があるのか不明。あとトリテ亜種としか聞いてなくて、4人専用ってのを見落としたのはこちらの落ち度。
 しかし、スリーブ付きで売っていたので買ったけれどあまりきっちりカードが収まらないのと、スリーブ付けるとただでさえルールのせいで蓋が浮くのに、さらに収まりが悪くなるのでやめた。ルールを半分のサイズで表裏に印刷する事はできなかったのかな?

 と言うわけで、一通り見て周り特に挨拶するような知り合いもいないようなので午後2時には帰還開始。
 うどん祭りをやっていたようだけれど、プラ容器の丼1杯で700円トッピングプラスして1000円↑は高いってのでそのままスルー。うどんなんぞ並んでまで食いたいものでもないし。
 以下、ゲームマーケットの戦利品一覧。
20150505 (2).jpg
20150505 (3).jpg
 あとで手に入れたゲームについて紹介していきますか。
posted by RAYJACK at 17:07 | Comment(2) | ボドゲ関連
この記事へのコメント
 お疲れ様でした!今回もよさげな同人ゲーがいくつも…!
今の同人ゲーム製作者様たちには本当に頭が下がります。

ご一緒したかったのですが、さすがにコミ1の直後で
もう体がいう事聞いてくれませんでした><

ゲムマは年2でしたっけ? 前のコミ1の時同日同会場開催だったので
除きに行ってみたんですが、午後だったのでめぼしいものはすべて
売り切れてたとこでした。

そんな私はロール&ロールにお邪魔する率が跳ね上がりましたw
…もうちょっと安かったらなあとは思うのですが
年をとっても遊べる貴重な趣味なのでケチらないようにしたいです、
はい。

老後、髪が真っ白になってもレイさんたちとどっかのホーム(ぉぃ)
の交流スペでボドゲできてる人生だったらいいなあとか
一人どりー夢してるたみやでした!
Posted by たみー at 2015年05月07日 20:44
ゲームマーケットは基本的に年3回ですね。
東京が春と秋。関西方面で冬に開催です。
なので前回のゲームマーケットは3月1日の大阪でした。
次の冬は神戸だったかな?
秋のゲムマは11月22日で西4ホールとのことです。

基本的に16時以降入場無料とか言ってますがその段階ではほとんどないですね。
予約の受け取りも14時15時で締め切りですし。

最近は重いゲームも増えましたし、評価が安定するまではほったらかしが多いですね。
その中でまたオススメがあれば紹介いたします。
Posted by RAYJACK at 2015年05月07日 21:30
コメントを書く
お名前:

コメント: