2016年03月27日

この過労死がすごいを入手

 ゲームマーケット2015秋に販売され、地味に話題になっている反社会人サークルさんの『この過労死がすごい!』を入手。
この過労死がすごい
※写真はゲームマーケット公式サイトより(クリックで飛べます)
・はじめに
 このゲームではプレイヤーは社畜と呼ばれます。
 残業という名のブユウデンを重ねて、他の社畜から羨望を浴びるのが目的です。
 うまくロウドウをコントロールできる有能な社畜はカロウシの危機すらチャンスに変える事が可能です。
 ただし、うっかりカロウシしてしまうと「あいつはバカだった」と周囲の嘲笑の的になるので注意して下さい。

・ゲームの概要
 プレイヤーの手札は常に1枚。自分の手番で山札から2枚のカードを引き、1枚を残して2枚を自分の場に出す。
 上司は残業しすぎの人間の仕事をひとつ引き受ける。
 もし山札からカロウシカードを引いたらその場でラウンド終了。
 カードを引いたプレイヤーは自分の場のカードを公開し、合計残業時間が規定値以上ならばカロウシして全て没収される。カロウシしなかったら全てが得点となる。
 その他のプレイヤーは表向きに出している残業カードの分だけ得点を得る。
 これを人数分のラウンドをやって終了。合計点の高いプレイヤーが優勝。

 フレーバーテキストは全ての違うのでそれを見て笑える人間とプレイするゲーム。本当のブラック企業にいる人間に見せると、たぶん目のハイライトが消える。

 まぁ、なんだろう。引き運の強いゲームなのは否定しない。
 手番が一周するたびに上司のチェックが入り、場に表向きに出ている最大の残業時間のカードが没収されるので、他人がカロウシカード引くの期待して残業しまくるわけにもいかないようにはなっているので、多少考えどころはある。
 特殊カードが3種類あるけれど、全てカードにアイコンが書かれているだけなので効果もきちんとカードに書いて欲しかったなぁ。

 で、上司のターンに没収したカードは箱にしまえという指示があるが、組み立て式のPET名刺ケースにはしまいにくいので、自前の名刺箱に移し変える。
karoushi(2).jpg
 うん、だいぶ社畜感が出てきた。
 カードは52mm×86mm
 たぶん適正なスリーブはないと思う。
posted by RAYJACK at 00:57 | Comment(3) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
次回のボードゲームの会で、こちらのゲームをやってみたいです。
タイトルと内容に引かれました(;´∀`)
私も上田市で、幸村争奪カードゲームなるものを買ってきましたので、持っていきます。
タイトルは怪しいのですが、ルールは坊主めくりです。
ではでは
Posted by 孔明の扇 at 2016年05月13日 13:04
お久しぶりです。
次回のボードゲーム会も、父親の退院に関連した介護ベッドの導入などで、
部屋の模様替えレベルの整頓が必要になってしまい、
今週末はちょいと家を空けられない状態になってしまったので参加できないんです。申し訳ございません。
みなさんが楽しめるのを千葉の地から祈っておりますー。
Posted by れいじゃっく at 2016年05月13日 22:07
左様でしたか…お会いできなくて残念です。
では、また次回を楽しみにしております(*´ω`*)

Posted by 孔明の扇 at 2016年05月14日 17:19
コメントを書く
お名前:

コメント: