2016年05月14日

トリックオブスパイを入手

 しばらくはゲームマーケット入手報告が続く予定です。
 第一弾は『トリックオブスパイ』
trickofspy (1).jpg
 同人ボードゲームの老舗で『クイズいいセン行きまSHOW!』など評価の高いゲームを発表し続けているカワサキファクトリーさんのゲームマーケット16春の新作。
 最初にカワサキファクトリーの名前を知ったのは『ダチョウサーカス』が面白そうだなと思ったからだったなぁ。
 閑話休題。

 このゲームは、伏せられた1枚のカード(機密文書)が何かを当てるゲーム。
 機密文書を予想する権利はトリックテイキングの勝敗によって決まり、一番強いカードを出した人と一番弱いカードを出した人が予想駒である部下を置く事ができる。
 部下を置ける場所は3色のどれか(2点)、1〜9の数字のどれか(5点)、カードそのもの(10点)の三ヶ所で早い者勝ち(例外あり)
 手札が残り2枚になったらどちらかを出し、残った1枚は使わない。
 すべての予想が終わったら、予想する機会がなかった人や予想したけれどすべてハズレが確定している人は、ラウンドの最後に部下を置く事ができる。これは他人の部下の所にも置ける。
 最後に機密文書を公開し、予想が当たっていた人は得点を得る。その結果、最下位の人は予想が当たった時の得点が2倍になる協力者駒を次のラウンドに使うことができる。
 これを人数分のラウンド行い一番得点の高い人が勝ち。
trickofspy (2).jpg
 とてもシンプル。
 トリックテイキングとはいうものの、要素はマストフォローの原則とスタートプレイヤーから順番に手札を出すことくらい。
 色の強さが優先されるので、フォローしなくても勝者になれる。
 トリテ語だと「3スート・9ランク・マストフォローあり・切り札は赤。赤が場に出ていなければ青」といった具合。

 説明が短時間で済むのに、トリックテイクと推理の同時進行が悩まし楽しい。
 最初は勘でしか置けないが予想する場所は早い者勝ち。下手に色予想だけしか参加できないよりか全部ハズレで最後に賭けるチャンスを得た方が良かったりする。
 とはいえ、まったく予想に参加しないのも案外難しく、5ラウンド中1回は勝ちか負けになってしまう事の方が多い。
 なので、相手のハズレを確定させるカードの出し方は手助けになってしまうので避けたいが、マストフォローのせいでそうも言ってられなかったり、と。
 1点予想のカードを出さずに妨害成功した相手のドヤ顔はなかなかムカつく(笑)
 最下位でも、部下の得点を2倍にできる協力者のお陰で逆転に希望が持てたりするので、ゲームから早々に脱落ということがないのもありがたい。

 難点は、ちとカードが小さい(36x50mm) スリーブもない。
 A3シートの上にカードを並べる都合上、仕方がないけどね。
 その紙シートはエンボスが効いているものの、折り目のせいで小さい部下駒が安定しにくかったりする。
 A3用硬質クリアファイルに入れれば解決するが、持ち運びとなるとA3サイズが入るカバンが必須となるのがぐぬぬ。
 シートは4枚のA4厚紙ボード組み合わせて、少しサイズアップしたカード使ってくれれば、視認性とカードの取り回しは良くなるけど、コストの都合もあるだろうし、やむなし。
 とはいえ、カードの視認はそこまで大きな影響はないとは思う。ただ、部下駒が小さいのはちと困るかな?と思いいたやま商会でポーンを買って差し替えた。
trickofspy (3).jpg
 あと注意点として3人か4人のみでしか遊べない。3人でも面白いゲームは大変ありがたいけどね。
 ゲームマーケット後のUNLOCKでも面白いと好評でした。
posted by RAYJACK at 16:10 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: