2016年06月14日

バトルコンソールを入手

 ゲムマ入手報告の第11弾は「テレキネシスゲームズ」の『バトルコンソール』です。
bconsole(1).jpg
 500円ゲーム企画。アッセンブルマーセナリー(AM)シリーズとして展開している最初のゲーム。
 去年『バトルク』を見つけた時に同様の対戦型ロボットバトルがテーマなのは見かけたものの、どのようなものか具体的なルール解説がなかったのでスルーした。
 今回見かけたら汎用編成の01a『チームアルファ』と特殊兵装の01b『チームブラボー』のセットで500円だったので購入。

 基本ルールは、お互い3種類の機体のうちどれか1つを選び、重量の範囲内で武器を2枚まで選ぶ。
 武器カードは上下それぞれに武器が書いてあるので1枚で2種という事になる。
 選んだ武器カードと、基本行動である『前進・後退』と『回避・牽制』のカードを手札にし、使わなかったカードは自分のアーマーの状態を示すように所定の位置に伏せておく。
 これで準備完了。

 お互い開始間合いを決める為にサイコロを振り合い、お互いの出目が1・2ならレンジ1、3・4ならレンジ2、5・6ならレンジ3から開始する。お互いの間合いが合わなかったら振りなおし。
 ……正直、ここはお互い自分が開始したい距離を宣言して、レンジが違うならサイコロを振り合って出目が大きい方から開始でも良かったんじゃないかなー、とか。

 手番では、お互い武器か行動カードを出す。
 これは上下に書かれているが、相手に向けた側の武器や行動を行なう。
 最優先行動の『回避・牽制』を除き、ダイスを1個振り、カードや機体に書かれたスピード補正を足して大きい方の行動を先に処理する。
 攻撃した場合は武器と攻撃する相手とのレンジがあっていればダメージのサイコロを振って相手のシールドを削る事ができる。
 先に相手のシールドを0にした方が勝ち。

 チームブラボーを導入すると機体が2種類、武装が4枚(8種)追加される。追加される機体も武器も癖があるのでチームアルファで慣れてからの方が良いと思う。

 補足として、武器には重量があり、通常の武器は重量1、ヘビーウェポンと書かれた武器は重量2である。
 TYPE−Bを除き重量2まで。最大2枚まで装備できる。しかし、積載重量が2の場合は重装備ペナルティでパワーが1減った状態でゲームを開始する。
 TYPE−Bは「積載重量を1軽減できる」という能力があるが、これは正しくは「『合計』積載重量を1軽減できる」なので、積載重量3まで装備でき、重量3の装備の場合に重装備ペナルティを受ける。なお、重量1の武器を3枚持つ事はできない。

 しかし、このゲーム感は知ってる……。
『幽遊白書』の6巻で紹介されたサイコロジャンケンボクシングだ。
bconsole(2).jpg
 武器カードとアイコンはちょっと見辛いので、把握するのに少し時間が掛かる。良くも悪くもサイコロ次第なので、そういうのが許せるのならどうぞ。

posted by RAYJACK at 00:00 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: