2016年06月15日

ハートオブクラウンを入手

 ゲムマ入手報告12弾です。あと残りは2作品。
 初出が2011年春のゲムマの『ハートオブクラウン』です。
heartofcrown.jpg
 2009年に『ドミニオン』が主要三冠を取るなど大ブームになった後、ぽこじゃかとデッキ構築ゲーム出ては消えていった中で、今だに現役で関連シリーズが出るなどサポートが続いている作品。
 当初は購入予定になく、残念ながら『ドミニオン』も私にはイマイチだったのどうしようかとは思ったものの、人気ではあるし、どうせ後から手に入れるくらいならと、基本セットを購入。
 イベント価格と通常価格で1000円差は結構大きい。

 『ドミニオン』との大きな違いは、勝利条件。
 まず姫君の擁立(要6コイン)があり、擁立した後で継承権(勝利点)カードを20点分使用すれば戴冠式を宣言をでき、残り1ラウンドの間に他のプレイヤーが20点にならなければ勝利。
 他に20点を達成したプレイヤーが出た場合は該当するプレイヤーたちで30点先取の延長サドンデスに突入する。
 姫はそれぞれ特殊能力があり、擁立に使った領地(コイン)カードは価値が高い順に3枚が直轄地として除外される。
 しかし、直轄地には自分の行動(王国)カードをキープすることができる。

 細かい特徴として、購入はメインフェイズで使った領地(コイン)が許す限り行えるが、カード購入と継承権カードの使用はどちらかしかできない。
 また、行動(王国)カードのサプライは山札からめくってランダムに補充するため、買える資金があるのに場に出ていなくて買えないということも起こる。

 デッキの中にある勝利点カードの点数で競うのではなく、能動的に集めた継承権カードを使って、早い者勝ちの勝負になるので、どのタイミングで継承権カードを確保し始めるかの切り替えがとても難しい。
 また、最初に入っている継承権(勝利点)カード「見習い侍女」はマイナス2点なので非常に邪魔。
 十分『ドミニオン』をプレイし、デッキ構築に馴染んでからプレイするべきだね。
 残念ながら『ドミニオン』ですら切り替えのタイミングが苦手なため、こちらはもっと勝てる気がしない。正直言って無理。
 要やりこみ。初見で面白さを理解できる人はきっとセンスある。
posted by RAYJACK at 21:52 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: