2016年07月25日

ロンドを入手

 2012年のクニツィア三部作と言われている『ロンド』を入手。
 なお、残り2作品は『秦』と『エルファーラウス・ボードゲーム』
RONDO.jpg

 シンプルなマジョリティ争いの『秦』やドイツの古典7並べ系ゲーム『エルファーラウス』をボードゲーム化したものも面白いと評判だったが、個人的にはどれも大箱なのにシンプルで飽きるのが早そうだなーと、稼働率と費用対効果も考えてスルー。
 2016年現在どれも市場であまり見かけずにプレミアが付いていたりする。
 今回安めでヤフオクに有ったので「2人プレイが面白く、3人プレイにも耐えられそうなシンプルゲーム枠」として入札。
 対抗が入ったら諦めようと思っていたが他に応札もなく落札。

●ゲームの概要:
 得点が書かれたボードの上にチップを置き、一番得点を稼いだプレイヤーが勝利。

●ゲーム説明:
 プレイヤーは5色各24枚のチップを袋に入れて良く混ぜ、その中から2枚を引いて自分のチップホルダーに置く。

 スタートプレイヤーから手番をはじめ、次の2つの行動のどちらかを行う。
A.1枚以上のチップをボードに置き、袋からチップを1枚引く
B.チップを置かずに、袋からチップを2枚引く(上限5枚)

Aのチップを置く場合の詳細
 自分のチップホルダーからチップを配置する。
 チップ配置のルールは次の2つ。
1.既に置かれているチップと隣り合う空きマスへチップを置く。
 この時、中央マスはチップが置かれているものとして扱う。
2.複数のマスにチップを置く場合、連続した空きマスに一筆書きになるようにチップを置く。
 分岐したり、離れた別のマスに置く事はできない。

 チップの出し方のルールは次の2つ。
1.ボードに書かれている得点と同色のチップを置く。
 書かれている得点を得る。また、同色を複数枚を重ねて出す事ができ、その場合はマスの得点をチップの枚数分得られる。
2.任意のチップを1枚裏向きにして出す。
 ボードに書かれている得点は得られないが、マスは埋まるので次のマスにチップを置く事ができる。

Bのチップを引く場合の詳細
 チップの所持上限は5枚なので、手元に4枚のチップがある場合は1枚しか引けない。
 また、5枚のチップを持っている場合はチップを引くことはできず、必ずチップを置かなくてはいけない。

●ゲームの終了条件:
 次の2つのうち、どちらかの場合に最終ラウンドとなる。
1.全ての灰色のマスにチップが置かれた場合
2.袋の中にチップがなくなり、必要な枚数が引けなくなった場合
 最終ラウンドになったら、そのラウンドのラストプレイヤーまで手番を行い、全員の手番数を同じにして終了する。
 最も勝利点を獲得していたプレイヤーが勝利。同点の場合、手元のチップが多い方が勝ち。それも同数なら同点優勝。

 以上。
 この手のゲームだと同じクニツィアの『頭脳絶好調』も持っているが、それよりももっとシンプル。
 3枚以下なら2枚引くとかセオリーも簡単にわかるが、引き運にだいぶ左右されるので底はちょっと浅め? 3人だと紛れが増えてパーティゲームのように楽しめるかなぁ、と。
 4人なら『頭脳絶好調』で、2人なら『ロンド』と住み分けもできるし悪くはないはず。

 なお、得点をチェックする為の駒は1個しかなく、しかも白・黒・灰・茶と視認性がすこぶる悪い。
 なので、自分の駒を判りやすくするために、別の色の駒を2個づつ別に用意しておくのが良い。
 また、スタートプレイヤーマーカーもあると良い。

 スタートプレイヤー:最も丸いプレイヤー
posted by RAYJACK at 17:35 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: