2016年08月19日

穴掘りモグラを入手

 キッズゲームながら大人も楽しめると評判の『穴掘りモグラ』がヤフオクにワケあり品で出品されていたので入手。
anahori.jpg
 内容を簡単に言うと、サバイバル椅子取りゲーム。
 ボード上の穴にいち早く自分のモグラ駒を入れる事を目指す。
 ステージが進むとどんどん穴の数が減り、最後のステージ4の穴に自分のモグラ駒を入れたプレイヤーが勝利。
 目的は単純だが、モグラ駒の移動部分が工夫されている。

 各自1・2・2・3・3・4の数字が書かれた6枚の移動タイルをシャッフルして山札とする。手番ではそこから1枚引いて数字分の移動力を使いきる形でモグラ駒を進める。
 使った移動タイルはオープンにしておき、すべてのタイルを使い切ったらシャッフルして山札を作り直す。
 タイルの内容は同じなので、全員どれくらいの移動力が残っているのかがだいたいわかるようになっている。

 モグラ駒は直進しかできず、進路に別の駒があると飛び越すことはできない。
 また、自分のモグラ駒が全部穴に入っている場合を除き、移動できるモグラ駒があるならば絶対に動かさなければならないので、他の駒が移動できない状態だと、穴に入っていた駒を動かさなくてはいけない。

 第2ステージから大きなマス目が登場し、ここに止まる追加手番ができる。ただし、追加手番中には大きなマスに止まるような移動はできない。

 移動のルールは以上。
 早々に全滅してしまうと負け抜けの都合、暇になってしまう危険性はあるけれど一匹でも残っていれば勝つ可能性は残されているから諦めずに戦える。
 手番で穴に入れない場合でも、どうすれば相手の邪魔ができるかなど、考えどころもある良作だと思う。

 問題はその構造上、箱ごと持ち運ぶ必要があるのでかさばる。

 移動タイルは丸型の厚紙なのでスリーブはない。
 スタートプレイヤー:最も手の大きいプレイヤー
posted by RAYJACK at 23:26 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: