2016年09月24日

お邪魔者2を入手

 『お邪魔者』の拡張である『お邪魔者2』を入手。
Saboteur2.jpg
 拡張なので、プレイするには『お邪魔者(以下、初代)』が必要。
 初代から役職を増やすことでお邪魔者不利のバランスを調整し、不公平感があった得点獲得部分もシンプルに変更された。
 他にも手札を捨てる事で妨害解除できたり、通路や妨害の種類も増えたりとゲーム部分の充実が図られた。
 個人的には『キングオブトーキョー』のパワーアップ拡張並に導入必須でいいと思う。

 では、変更点を中心に内容を確認しよう。
 まず、役職は人数に関わらず12枚をシャッフルして各プレイヤーに1枚ずつ配る形になった。
 これにより事前のカード調整の手間が省かれスピードアップし、ランダムなのでお邪魔者がいない事もあるなど変化が生まれる。

 追加された役職は以下の3つ
・地質学者(通称:鉱石学者)
 第三勢力。どちらが勝っても得点に影響はなく、ゲーム中に出たクリスタルの数が得点。ゲームが長引くほど有利になるので、どちらかと言えばお邪魔者側。
・横着者(通称:怠け者・ニート)
 第三勢力。どちらが勝っても得点。ただし、2点もらえる点数が減る。減点が大きいのでなるべく役職交代したい。どちらかと言えばお邪魔者側。
・ボス(通称:監督・親方)
 金鉱掘り側。赤陣営と青陣営のどちらの金鉱掘りが勝っても得点。ただし、1点もらえる点数が減る。

 ボスの説明に出てきた通り、金鉱掘りも赤と青の二つの陣営になった。
 その陣営しか通れない扉カードがあり、そこでルートが分断されてしまうと違う陣営の金鉱掘りは金塊にたどり着いても得点がもらえない。

 得点獲得も初代は金鉱掘りは金塊が描かれたカードの中から1枚を選んで次の仲間にまわす形だったので、同じ勝利でも得点格差があり不公平感があったが、今回はシンプルに勝利した陣営の人数によって得点が決まるので、金鉱掘りも大人数で到達するよりも扉でうまく分断したり、仲間であろうと監禁することで得点を増やせるようになった。
 ただし、足を引っ張りすぎてお邪魔者に勝たれたり、地質学者に高得点を与えてしまっては本末転倒になるジレンマ。

 欠点は、得点を示す金塊チップが小さく扱いにくいこと。
 これは初代から金塊カードを持ってきて、それでカウントした方がいいかも知れない。
posted by RAYJACK at 07:16 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: