2016年09月29日

ババンクを入手

 以前と比べてだいぶ価格が落ち着いてきたババンクを入手。
vabanque.jpg
 実に胡散臭いおっさんの箱絵である。とても良い。

 このゲームはカジノのテーブルを渡り歩いて稼ぐのと、いかさま師を派遣してテーブルの売り上げを奪うの2つの手段で4ラウンドプレイし、終了時に一番稼いだプレイヤーが勝利。

 ゲームシステムはブラフ(はったり)。
1.ゲーム開始時、プレイヤーはカジノテーブルを示すカードの上に自分の駒を他の駒とひとつおきになるように配置する。
2.ラウンド開始時、指定された得点チップを任意のカジノテーブルの上に置く。
3.自分の3枚の手札「チップ2倍」「ブラフ」「いかさま師」のうち1枚を任意のカジノテーブルに配置する。これを時計回りに全員がすべての手札を配置するまで繰り返す。
4.カジノテーブル上の自分の駒を時計回りに0〜4枚分まで移動させることができる。
5.駒が置かれているカジノテーブルに配置された手札のカードを公開する。
A.いかさま師がいない
 カジノテーブルに駒を置いたプレイヤーは置かれている得点チップ×1000の得点。「チップ2倍」カードがあればその枚数分2倍3倍と得点倍増する。
B.いかさま師がいた
 駒を置いたプレイヤーは得点をもらえない。いかさま師を配置したプレイヤーは得点チップ×1000にそのカジノテーブル置かれている自分以外の駒の個数を掛けた分が得点。この場合も「チップ2倍」カードがあればそれも適用される。
 6.得点精算が終わったら1ラウンド終了。次のラウンドは得点順に手番を行うので、順番チップを受け取る。4ラウンドで終了。

 とてもシンプルなブラフゲームの優等生といった印象。

 ブラフゲームは初対面だとはったりのしようがない事もあるけれど、このゲームは後半の得点チップの価値が高く、ぶっちゃけ最終ラウンド以外は準備ラウンドっぽいので、それまでに傾向を見れるのはあり。
 あと最後まで勝つために最善を尽くしてプレイしてもらう為にも、得点順から手番を行う事でまわりを見てから動ける下位の方が有利なのもよい。
 ただ「最終ラウンドだけで逆転されてしまってつまらない」という意見も聞くので、その部分は事前に説明する事は大事だぁね。

 あと、ブラフを判断する材料も、手札以外に得点チップや駒の移動でプレイヤーの意図が出せる場面が用意されているのもよい。この手の材料が乏しいと私が「エスパー専用ゲーム」と呼ぶシロモノになってしまう。
 手札もいかさま師だけでなく、チップ2倍も必ず置かないといけないし、相手が悩んだ末に置いたチップ2倍を上手く回収できれば、してやったりの快感に痺れると思う。
 なので、ブラフゲーム全般に周知徹底したい事だけど、カードをシャッフルして出すような事は絶対に禁止したい。

 5人以上推奨、6名までできる短時間で負け抜けのないブラフゲームなので欲しかった。絶版になったまましばらく高騰続いてたけれど、許せる範囲の価格で入手できたのでよし。
 これはガチではなくパーティゲームくらいの気持ちで楽しみたい。気心の知れた仲間でやると盛り上がるハズ。
posted by RAYJACK at 22:55 | Comment(0) | 購入したゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: